Flutter

【Flutter編】ダークモードをONにすると status barが白くなる件 について

iOS13で、OSの機能としてダークモードが追加されました。

設定アプリ > 画面表示と明るさ

ダークモードをONにすると「iOSネイティブアプリ」の場合、UIの背景色が自動で黒を基調とした色に強制変更されます。

「Flutter」の場合、UIパーツは影響を受けないのですが、status barが強制的に白くなります

本記事では、ダークモードをONにした場合の強制status bar白色化を回避する方法を解説します。

 

Flutterでstatus barの色を変える方法

回避方法の前に、Flutterでstatus barの色を変える方法を説明します。

Flutterでは次の記述をbuild関数で呼ぶことで、status barの色を変更できます。

Brightness.lightと記述があれば、iOSのstatus barは黒くなります。
しかし、ダークモードをONにするとコチラが効かなくなります。

 

ダークモードの強制白色化回避方法

ダークモードの強制白色化は、XCodeのplistの2箇所を次のように書き換える事で回避できるようになります。
(項目がない場合は追加してください)

  • User Interface Style : Light
    強制的にライトモード(ダークモードの反対)をONに
  • View controller-based satus bar appearance : YES
    画面ごとにstatus barの設定ができるように

これで、Flutter側で指定したstatus barの色が、ダークモードONでも効くようになります。

 

AppBarのstatus barの色が白い場合

AppBarの背景色をAppBar自体に直接指定すると、ダークモードのON/OFFに限らず自動でstatus barの色が白くなってしまいます。

マナー的にもよろしくないので、AppBarの背景色は
MaterialApp(theme:)に、ThemeData(primaryColor:)
として指定しましょう。

すると背景色の明るさに合わせで自動でstatus bar、titleの色が白 or 黒になります。

自動で決まるstatus bar、titleの色が気に入らない場合は
MaterialApp(theme:)に、ThemeData(primaryColorBrightness: Brightness.dark(白) or light(黒))
で強制的に白/黒を指定できます。

こうすることでテーマカラーを一箇所で管理できてメンテナンスしやすくなりますし、正式にダークモード対応する時もやりやすくなります。

(monoさん、アドバイスありがとうございます)

https://twitter.com/_mono/status/1173523110311546881

 

現場からは以上です!\(^o^)/
twitterでも毎日開発情報を発信しているのでフォロー宜しくおねがいします。