Swift

Swift4から5に変えてみたらエラー54個! 詳細共有

[ 4/3 12:46 マッハで追記 ]
この記事は、Swift4 -> 5への変更ではなく、4 -> 4.2で発生した差だそうです。
Daiki Matsudateさん、ご指摘ありがとうございます。

 

という訳で、4.0から5.0への変更に関するエラーはお薬アラームでは無かったので、4.2の人はより安心してSwift5へバージョンアップしても良さそうです。

具体的にSwift5への変更で発生しそうな問題はこんな感じだそうです↓

 

[ 以下は元記事そのまま ]


XCode10.2から、Swift5への対応が開始されましたね。

きっと、近い内にSwift5以外選べなくなると思うので、傷が広がる前に、運用中のアプリの1つをSwift4から5に変えてみました。

変えてみたアプリはコチラ↓

しつこいお薬アラーム

iOS
Android

お薬の時間をアラームで知らせるシンプルなアプリです。

DAUは3,500ぐらい、売上は毎月15,000円前後をフラフラしている規模のアプリになります。

アラームアプリでそんなに儲かるの!?の秘密については、この記事にまとめていますのでついでに見て、参考にしてみてください♪

あわせて読みたい
2人日の開発工数で売上19,000円/月アプリの秘密全部公開有名ブロガーみたいに、400万/月のノウハウ公開!みたいな派手さは無いのですが、、個人開発では10,000/月、行けば嬉しいですよね? ...

 

Swift4から5に変えてみた結果

さて、Swift4から5に変えて見た結果ですが、54個のエラーが発生しました。

実は、エラーは何も起こらないと思っていたので、ファッ!?ってなりましたが、1つずつ見てみたら、半分以上は

UIControlState UIControl.State

に変わったのに関係したエラーで

UIControlState.normal
->
UIControl.State.normal

UIControlEvents.touchUpInside
->
UIControl.Event.touchUpInside

という修正です。

省略形で  .normal や、 .touchUpInside

と書いていた人はエラーが出ません。

今後のアップデートを見据えて、省略形で書ける所は全部省略形にしましょう!

 

その他のエラーも一気に共有していきます。

func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool

->

// 全国民が通過する修正
func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool

// UIImageをNSDataに変換する関数
UIImagePNGRepresentation(image)

->

// わかりやすくて良いですね
image.pngData()

// プッシュ通知の音設定
UNNotificationSound.default()

->

// 関数からプロパティに変わった
UNNotificationSound.default

// UIActivityIndicatorView
_indicator?.activityIndicatorViewStyle = .whiteLarge

->

// 短っ
_indicator?.style = .whiteLarge

self.tableView.insertRows(at: [indexPath], with: UITableViewRowAnimation.bottom)

->

self.tableView.insertRows(at: [indexPath], with: UITableView.RowAnimation.bottom)

// ソフトウェアキーボードのハンドリング
userInfo[UIKeyboardFrameEndUserInfoKey] as? NSValue

->

// UIResponserの中にまとめたい所存
userInfo[UIResponder.keyboardFrameEndUserInfoKey] as? NSValue

// ソフトウェアキーボードの表示ハンドリング
notificationCenter.addObserver(self, selector: #selector(self.showKeyboard(notification:)), name: NSNotification.Name.UIKeyboardWillShow, object: nil)

->

// UIResponserの中にまとめたい所存
notificationCenter.addObserver(self, selector: #selector(self.showKeyboard(notification:)), name: UIResponder.keyboardWillShowNotification, object: nil)

// ソフトウェアキーボードの非表示ハンドリング
notificationCenter.addObserver(self, selector: #selector(self.hideKeyboard(notification:)), name: NSNotification.Name.UIKeyboardWillHide, object: nil)

->

// UIResponserの中にまとめたい所存
notificationCenter.addObserver(self, selector: #selector(self.hideKeyboard(notification:)), name: UIResponder.keyboardWillHideNotification, object: nil)

// UITableViewCellのスワイプ処理の管理
func tableView(_ tableView: UITableView, commit editingStyle: UITableViewCellEditingStyle, forRowAt indexPath: IndexPath) {

->

func tableView(_ tableView: UITableView, commit editingStyle: UITableViewCell.EditingStyle, forRowAt indexPath: IndexPath) {

// 文字のカスタマイズ
let att: [NSAttributedStringKey: Any] = [NSAttributedStringKey(rawValue: NSAttributedStringKey.font.rawValue): UIFont.systemFont(ofSize: 17.0)]

->

// 神経質
let att: [NSAttributedString.Key: Any] = [NSAttributedStringKey(rawValue: NSAttributedString.Key.font.rawValue): UIFont.systemFont(ofSize: 17.0)]

 

以上です!

過去にあったような破壊的変更は無く、パラメータの分類を変えたどうでもいい変更(個人の感想です)だけでした。

恐れずSwift5に変更しても良さそうです(^o^)
他のアプリもSwift5に変更したら追記していきます。

 

twitterでも毎日開発情報をつぶやいていますので、フォロー宜しくお願いします。

 

<a href=’https://jp.freepik.com/free-vector/ベクター画像_4188755.htm’>Designed by Macrovector</a>