Android

iOSのバッジ風UIをAndroidで作る

こんな感じのiOSのバッジ風UIをアプリの画面内でも使用しています。

 

こんな感じ。
iOSは「JSBadgeView」を使ってます。
https://github.com/JaviSoto/JSBadgeView

Android版はxmlをゴニョゴニョするだけで同じように出来たのでそれを紹介します。

 

1. 角丸にするスタイルを作成

res/drawable/style_badge_corner.xml

今回は22dp x 22dpのバッジUIを作りたいので丸くなるよう、角は半分の11dpを指定します。
背景色はiOSと同じ真っ赤(#FF0000)

 

2. TextViewを配置

TextViewに前項で作ったスタイルを適用して完成!

ポイントはこんな感じ

  1. バッジに合わせて幅が可変になるようlayout_width=”wrap_content”
  2. バッジの真ん中に常に文字がでるようにgravity=”center”
  3. 数字が大きくなってバッジが伸びるときUIの端に数字がピッタリくっつかないようpaddingLeft/Right=”3dp”
  4. 数字が1桁のとき丁度綺麗な丸になるようminWidth=”22dp”

プレビューで、もういい感じ♪

完成!

じゃーん。

数字の桁が少ない時は綺麗なマル

数字が増えると勝手にいい感じに伸びます。
layout_gravity=”right” を指定しているので、右寄せで左に伸びています。

 

このアプリは有名イラストレータmizutamaさんとのコラボアプリ
「mizutamaTODO」
です。

実際の画面で確認したい場合は下記からどうぞ〜iOS版はコチラ
Android版はコチラ

 

開発のヒントをtwitterでもつぶやいているのでフォローお願いします!